Shes.net トップへ戻る
最速ファッション情報Shes.netおみくじ週刊バーゲン情報日刊10秒ダイエットお天気バイオリズム家族ラブリー診断ニュースワイド今夜のもう一品ママの救急箱LINK LINK
Serviceware Corp   Choice
Shesおみくじ
Shes.net特集
メイン記事
コラム
インタビュー
関連サイト一覧
楽しい暮らし
極楽通販生活
旅行大好き
オシャレが一番!
Check it!旬のリンク
花と遊ぶ
今週の行ってきました!
かしこい生活
保険クリニック
投資のABC
SOHOわたしの場合
便利サーチャー
パートタイマー(得)知識
コンピュータ
Shes.net特別企画
トップページ特集>インタビュー
 
タイトル
[3月16日]
「ペットシッターメイちゃんのお家」
永本洋子さんにペットシッターについて聞く

今週のインタビューは、「ペットシッター、メイちゃんのお家」の永本洋子さん。ペットシッターと言っても、ピンと来ない人も多いかも知れません。ペットシッターとは、ペットのお世話をしてくれる人。ペットを預かるだけでなく、お客様のお宅に訪問して、お散歩させてくれたり、エサを与えてくれたり。出張や旅行、または健康を害してペットのお世話が行き届かない時に、助けてくれる仕事なのです。

 

↑永本さんのところでは、飼い主の負担を軽くするというのがモットー。そのため、お値段もかなり安め。気楽にペットシッターを頼めるのがいいところ、

●ペットシッターを仕事に選ばれた理由はなんでしょう?

 10年前から主人と動物のボランティアを始めまして、野良犬や野良猫を病院に連れて行って里親を捜したりするようになったんです。私達ふたりとも、動物好きだったんですね。はじめはボランティアの団体に入って、そこでやり方などを勉強したんです。そのうち団体のほうは辞めたんですが、個人的にボランティアは続けていました。  その頃に出会ったのが、今飼っているハスキー犬のメリーです。生まれてすぐに白内障になっていたんですね。それを引き取ることにして。その頃、メリーはとても問題児でして、私も子供を産んだりしたのもあって、犬の世話など手が回らないこともあったんです。それでメリーを預けることもあったんですけど、すると、そこで鼻の皮をすりむけて帰ってきたりするんです。もちろん、この子が脱走しようとして鼻で檻のフックをはずそうとするからなんですが、できれば、預かるのではなく、こちらに餌をあげに来てくれるサービスはないのかなと思ったんです。それが、ペットシッターをやってみようと考えたキッカケです。

●最初からうまくいったんですか?

 近所の人たちにも手伝ってもらったりしたね。その頃は、近所の郵便局に協力してもらって張り紙をしたりして、お客様も近くの方を対象にしていました。

●ホームページを作られたのは?

 主人がコンピュータ関係の仕事をしていたので、3年くらい前にホームページを作ってもらって。そしたら、そういうサービスが求められていたようで、一気に仕事の依頼が来るようになりました。ペットを預けたり、世話してくれたりするところを探している方が思った以上に多かったようで、依頼が途切れることなく来るようになりました。ペットシッターのホームページなんてそんなになかったんですよね。私達は、私達で、なるべく動物たちにストレスがたまらなように心がけて来ました。

●お子さんがいらっしゃるということで、ご苦労があったんのはではないですか?

 大変なこともあるんですが、ペットシッターの仕事って、時間は結構作れるんですよね。主人に子供の面倒を見て貰ったりもできますし。こちらのスケジュールを立てて、その上でお客様との相談ということも前もって出来ますし。たとえば犬でしたら、朝、夕ですし、猫でもお客様が前の日の朝出られたら、次の日の朝ぐらい伺うとか。空いている時間のスケジュールが組み立てられるので、大丈夫でしたね。

●どんな仕事が多いんですか?

 シッターでしたら、猫ですね。猫って場所が変わるのがダメなんですよね。今、預かっている猫では、来たばっかりのこの子たちなんかは、私達にも「フーッ!」って言って、触らせてくれないんです。ですから、猫に関しては、先方の家に餌をあげにいったりする仕事が多いです。

●お客様の留守の間に伺うということで、信頼が重要ですね。

 ええ、ですから、前もってうち合わせすることが重要ですね。仕事を受ける流れで言えば、まずホームページを見て連絡されてきますよね。それで、料金の話があって、納得できれば、仕事を始める前に、お客様の都合を聞いて一度うち合わせに行きます。それで、猫に対して、お客様がやっている方法など確認します。そして、その時にカギを預かりますので、こちらも信用して貰うために免許証などのコピーを提示しています。それで、お互いが納得してから仕事を始めるという形になりますね。

●生き物だけでなく、家を預けることにもなりますからね心配もありますよね。

 そこには、私達もとても気を遣いますね。自分だったらどういう人を信用するか、自分だったら、どういう人になら自分の家族を任せられるかって考えて、自分たちの仕事を考えるようにしています。

●依頼される動物の種類は何が多いんですか?

 そうですね、猫だったらシッター、犬だったらお散歩代行が多いです。飼っていらっしゃる方が腰を悪くしたので来てくださいなどあります。だいたい猫と犬が半々くらいです。最近は猫のほうが多いようですね。

●最近増えている動物は?  

 フェレットやウサギが増えているようです。

●ウサギは飼うのが楽だっていいますね。

 ええ、そうですね。おとなしいし鳴かないですからね。ただ、ウサギなどにしても本来持っている寄生虫などがありますので、預かる場合などには前もって検査などはしてもらうようにしてます。特に預かる場合には、他のお客様のペットにも影響しますので。

●ペットシッターにはどんなことが重要だと思いますか?

● ほかのインタビュー記事を読みたい人はこちらへ
my pageShes.net無料接続サービス前のページへ戻るShes.net トップへ戻る